フォレスト交流サロン  --素敵な出会い--

2014年05月

こんにちは
フォレスト ヘルパー 岩田です。

毎年、5月25日~31日は脳卒中週間だそうです
脳卒中に対する理解を高めることを目的に、日本脳卒中協会によって制定されました。

jpg










脳卒中で入院されている方は、がんの入院患者よりも多いそうです。
脳卒中は、脳の血管が詰まったり、破れたりすることで脳細胞が死滅する病気です。

脳梗塞、脳出血、くも膜下出血などが脳卒中に分類されます。

最近では、インターネットの生放送サービス「ニコニコ生放送」で生放送を発信している
方のろれつや表情がおかしい事に、放送を観ている方が気づき、
連絡をとって人命救助につながったというニュースもありました。

MRI検査を行う「脳ドック」にて検診を受けることで、脳梗塞の初期症状を見つけることが
でき、脳梗塞発症へのリスクを減らす事ができます。

フォレストホームページ
http://www.forest-japan.jp/  

●フォレストフェイスブック
http://www.facebook.com/forest.nagoya

●フォレスト公式ブログ
http://forest.ldblog.jp/




こんにちは(・∀・)つ

ヘルパーの若木です

6月の「フォレストみんなのセミナー」は


2014_6seminar





































今月のセミナーは「褥瘡について」でしたね

今月と来月のセミナー繋がりで・・・
ちょっと気になる、褥瘡予防グッズをご紹介
 
「ナーセント」という福祉用具の会社に興味が湧きました

特にこの2点

pdf_roll2pdf_right2



















ナーセントロールは抱き枕タイプで、
これ一個で広範囲な褥瘡予防ができそうです

ライトターンの方は、
排泄ケアの負担軽減や、下肢関節の拘縮が激しい方に便利そうです

ただこの2点、お値段がちょっと高めです

ですが身体の事を考え、長い目で見れば・・・
決して高いとは言えない商品かもしれませんね

又、何か良い福祉用具あったら紹介致します

●フォレストホームページ
http://www.forest-japan.jp/ 

●フォレストフェイスブック
http://www.facebook.com/forest.nagoya

●フォレスト公式ブログ
http://forest.ldblog.jp/







こんにちは!
ヘルパーのむらくもです

日本全国で196の保険者・434ヵ所の事業所・6792名の利用者。

これらの数字は5月19日に厚生労働省が発表した今年の3月末時点における
「定期巡回・随時対応型訪問介護看護(24時間訪問サービス)」の整備状況ですが

当初の目標を大きく割り込む現状が明らかとなりました。

24















2012年度にスタートした「定期巡回・随時対応型訪問介護看護(24時間訪問サービス)」は、
いわゆる「地域包括ケアシステム」を支える重要なポイントとして期待されていましたが、

厚生労働省が掲げた2013年度の目標には、保険者数・事業所数・利用者数ともに届かず。

しかも、サービス自体を実施する事業所が存在しない地域が、青森・秋田・宮城・栃木・島根・徳島の6つもあり、制度そのものの周知が疑われるような事態となっています。

厚生労働省もこうした現状は把握しており、今後は介護報酬の改定を視野に入れ、
より普及していくようにサービスの基準や要件の緩和なども議論していくということです。

制度の開始から2年が経過したことを考えると、さすがに憂慮すべき整備の遅れだと言わざるをえません。

解決すべき制度や報酬などの課題もあり、迅速かつ真摯な対応が求められています。

●フォレストホームページ
http://www.forest-japan.jp/

●フォレストフェイスブック
http://www.facebook.com/forest.nagoya

●フォレスト公式ブログ
http://forest.ldblog.jp/


こんにちは!

ヘルパーの遠藤です!



6月11日はフォレストみんなのセミナーです!


今回は福祉用具についてです



こんなんあったら便利だと思っていた福祉用具に出会えるかも!と楽しみにしています



セミナーを前に自分でも便利な福祉用具を調べて見ました!


あったらいいなと思ったのがこちらです!




キーパス

















キーパスと言ってシルバーカーのように使う物です!


何がすごいかと言うと



シルバーカーだと坂道が心配になりませんか?

上り坂だと上がりにくかったり、下りだと思ったより早く行ってしまったり…


そんな悩みを解決するのがこれです!



上りも下りも自分の歩調に合わせて手伝ってくれるんです!



これでシルバーカーで坂道も安心して行けますね




もう少しセミナーまでは日にちがあるので、また福祉用具を調べてみようと思います!



セミナーの予約もお待ちしております!


遠藤




●フォレストホームページ
http://www.forest-japan.jp/

●フォレストフェイスブック
http://www.facebook.com/forest.nagoya

●フォレスト公式ブログ
http://forest.ldblog.jp/

本日、会社の車に乗っていたときに

「!? 調子がおかしい」

細かく書くと長くなるのでやめますが、簡単にいうと調子がよくありませんでした。

まだ修理工場に見せていませんが、たくさん乗った車であり、治すのはお金がかかるかもしれないのでここらでお別れをする必要があるかもしれません。

5年ほど前に中古で買った軽自動車。金額も総額で50万円ほどの車でした。
IMG_2679


















ふと考えてみる。

50万円・・・  中古としてはまずまずの金額。中古の軽自動車は人気があるので高いです。)
一方、新車で100万円弱で購入した軽自動車もある。
またまた総額10万円そこそこで購入した軽自動車もある。

どれがお買い得なのだろうか・・・


ただ金額でみると10万円は安いし、100万円は高いかもしれない。
しかし、1年間で償却した額で考えてみると
5年で50万円のものは1年で10万円。
それなら100万円のものが10年もったとしても1年で10万円である。

『結局一緒なのだな』と思った。

それなら10万円の車はどうなんだ?・・・
たしかに10万円の車が5年持てば年間2万円。
でも、そこまでに修理する金額があると思います。でも一番の恐れは使用中の故障です。仕事という生産活動が使用している車の故障によって損害がでることが一番のリスクだと思います。

これは先述の50万円と100万円の車にも言えます。同じ年間償却10万円なら安心な新車の100万円がリスクが少ないのは間違いありません。

でも・・・
初期投資額というリスクや装備など付加価値の問題、新車時の事故リスクなど一筋縄ではいかないこともありますね。

目先にとらわれないような考え方、忘れないようにしたいです。



でも、人は減価償却しません。
歳を重ねるごとに経験と知識により価値が高まります(はずです)。

交流サロンで人と出会い、情報共有することで価値が高まるような出会いを作りたいものです。



かわいでした。


●フォレストホームページ
http://www.forest-japan.jp/  

●フォレストフェイスブック
http://www.facebook.com/forest.nagoya

●フォレスト公式ブログ
http://forest.ldblog.jp/

このページのトップヘ