こんにちは

ヘルパーのむらくもです

今日は気になったニュースをご紹介したいと思います。

それは、認知症の予防・改善のためにドッグセラピーの導入や研究が世界中でなされているというもの。

研究の結果、犬とのふれあい(散歩やエサやり)により

・身体機能や鬱状態の改善
・社会的コミュニティを作る一助となる

ということが言われています。

散歩で運動ができ、世話をすることで生活にはりができる
また、犬を介して人との関わりを持てる
犬との関わることで癒しを得ることができます


ペットと認知症しかし、その一方で、
犬を飼うことにはしつけや世話、そして金銭面など
責任と負担もともないます。

平均、15~16年生きるそのこを
最期まで責任持ってみることが出来るかも考えた上で
判断して欲しいと感じました。