こんにちは、ヘルパーの佐々木です。

結核は昭和25年までは日本人の死因の第1位でした。

昔、結核にかかっていたとよく聞きますが、最近のニュースでも結核患者でたということを

聞きます。

長引く咳が症状として出る事もありますが、怖いのが無症状のケース。健康診断の胸部レントゲンで

たまたま発見される事も少なくありません。

高齢者は、過去に結核菌に感染したものの、そのときは体力があり症状が出なかった人が、高齢になり

免疫力が低下して発症するようなケースも。結核症状が出ても排菌していなければよいのですが、確認

された場合、集団感染を調べるために保険所が入り、とても大がかりなことになります。

薬をちゃんと飲まないと菌が薬に耐性をもち治りにくくなることも。必要以上に怖がることはありませんが、

きちんとした治療が必要な病気であることは、しっかりと覚えておいてくださいね。

 絵





















 ●フォレストホームページ
http://www.forest-japan.jp/ 

●フォレストフェイスブック
http://www.facebook.com/forest.nagoya

●フォレスト公式ブログ
http://forest.ldblog.jp/