こんにちは( ´_ゝ`)ノ

ヘルパーの若木です

介護の仕事をしていると良く聞く言葉・・・

「傾聴」ケイチョウ

傾聴って聞いた事ありますか

「傾聴」とは、カウンセリングやコーチングにおけるコミュニケーションスキルの一つです。
人の話をただ聞くのではなく、注意を払って、より深く、丁寧に耳を傾けること。
自分の訊きたいことを訊くのではなく、相手が話したいこと、伝えたいことを、
受容的・共感的な態度で真摯に“聴く”行為や技法を指します。
それによって相手への理解を深めると同時に、相手も自分自身に対する理解を深め、
納得のいく判断や結論に到達できるようサポートするのが傾聴のねらいです。

人と人との信頼関係って難しいですよね・・・
人それぞれ、生き方・考え方ってものがありますものね。

だから、傾聴は必要なんです!!
相手を自分の物差しで測らず、どれだけ相手を尊重して聴けるか!!

でも、聴くって難しいですよね・・・
聴き上手は世渡り上手だそうです。
聴き上手は異性にもモテるそうです

でもどうやったら、、、

聴き上手な人は、相手が話しやすい間の取り方や、
タイミングのいい相づちの打ち方などを心得ているとの事!!

下記の2点を意識すると良いそうです

■相手を安心させる「オウム返し」

相手が口にした言葉を繰り返す「オウム返し」。
簡単かつ基本的な会話術の1つですが、会話を和やかに進めるためには非常に有効です。

相手の言葉を繰り返すことにより、話をきちんと聞いていることが伝わり、相手に安心感を与えられます。
また、「私もあなたと同じ気持ちです」と共感する姿勢を見せることで、
2人の間に一体感が生まれ、自然と人間関係が良くなります。


■交渉するときに使える「イエスバット法」

「Yes but(イエスバット)法」は、営業・セールスなどでよく使われる初歩的なスキルです。
これは、相手の言うことを真っ向から否定せず、
「おっしゃるとおりですね、ただ……」というように、
いったん受け止めてから自分の意見を述べる手法。

そうすることによって、即答で否定するよりも相手に不愉快な思いをさせず、
結果として自分の主張が相手に受け入れられやすくなります。
ただし、多用しすぎるなど、状況によっては人として信用を失う恐れもあるので、使い方には注意が必要。


なるほど
傾聴のできるヘルパーを目指し、日々精進致します。。。

●フォレストホームページ
http://www.forest-japan.jp/  

●フォレストフェイスブック
http://www.facebook.com/forest.nagoya

●フォレスト公式ブログ
http://forest.ldblog.jp/